インプラントのメンテナンス情報を紹介

インプラントはメンテナンスをしなければインプラント周囲炎になってしまいます。自宅でもクリニックでも、しっかりメンテナンスを行いましょう。

インプラントのメンテナンスと方法と必要性?

インプラントは人工で頑丈に作られ、骨に埋められた歯です。そのことから「じゃあ頑丈で壊れにくいでしょ」とメンテナンスを怠る人がいますが、実はインプラントにこそメンテナンスは必要なのです。

インプラントだって他の歯と同じで、歯磨きや洗浄などのメンテナンスを行わないと歯垢(プラーク)が溜まってしまいます。歯垢が溜まることで細菌やばい菌が繁殖していき、口の中が不衛生な状態に…。インプラントの治療後に口内が不衛生になると、「インプラント周囲炎」と呼ばれる病気を引き起こすリスクが高くなるのです。

インプラント周囲炎とは、インプラントの周囲に細菌が溜まることによってインプラントの周囲に細菌が溜まることを言います。みなさんもご存知の通り、インプラントはあごの骨に人工物が埋められて生えています。そんなインプラントの周囲で炎症が起こると、インプラントだけではなくてインプラントを支えているあごの骨までが炎症を起こしてしまうのです。インプラント周囲炎になってしまうと、具体的には歯茎が腫れてきたり、出血したり口臭が出たりといった症状があらわれ始めます。

インプラント周囲炎は放置されることで症状がどんどん悪化していきます。やがてあごの骨が溶けだして、埋められていたインプラントが抜け落ちてしまうことになり兼ねません。まだ軽い症状であれば治療も簡単ですが、症状が重く深刻になることで治療も大がかりなものになっていきます。最悪、埋め込んだインプラントを取り除くことにもなります…。

また、メンテナンスを怠ることでインプラントの保証制度が受けられなくなってしまいます。保証制度が受けられなくなることで、インプラントに関するトラブルに対応してもらえなくなってしまいます。インプラントはどんなトラブルが起こっても不思議ではありません。何かがあったときのためにも、しっかり定期的なメンテナンスを受けておきましょう。

インプラントのメンテナンスは、クリニックで行ってもらうものと自宅で行うものの2パターンがあります。

クリニックでのインプラントメンテナンスは、まずは口の中をチェックすることから始めます。口の中がきちんと清潔に保たれているか、歯茎が腫れたり炎症を起こしたりしていないかなど…。口の中の環境はインプラントに大きな影響を与えるポイントですから、元から生えている自前の歯とインプラントが上手く馴染んでいるかを診てくれるのです

次にかみ合わせやレントゲン検査を行いながら、インプラント周囲炎が起こっていないか、起きそうでないかを一緒に見ていきます。必要があればブラッシング(歯磨き)指導をしてもらえます。ブラッシングは自宅でできる最大のインプラントメンテナンスですから、ブラッシングのコツやポイントなどについてもよく聞いておきましょう。ブラッシングは本人の歯並びや口の大きさによって気を付けるべきポイントが変わります。

クリニックでは、他にも歯のクリーニングを行って貰えます。普段のブラッシングでは落とし切れていないプラークを取り除くためですねこれにより細菌が虫歯を起こすのを防ぐことができるのです

これに対し、自宅でできるインプラントのメンテナンスもいくつかあります。その中でも特に重要な役割を持つのが、ブラッシング(歯磨き)ですね。正しいブラッシングを毎日続けることが、歯垢を取り除いてインプラント周囲炎を防ぐ一番の近道になります。歯ブラシの使い方や動かし方を鏡でチェックしながら、しっかり歯垢を取り除きましょう。必要であればうがい薬を使うなどして、自宅でもできるだけの口内の清潔を保ちましょう。

インプラントは「埋めたら終わり」ではありません。むしろ埋めた後が本番と言っても良いところ。インプラントのメンテナンスは、インプラント治療後に長くインプラントと付き合っていくための必要なことです。いくら丈夫な人工歯といっても、インプラントだってメンテナンスをしなければ使えなくなってしまうことを覚えておきましょう

メンテナンスに掛かる費用を知ろう

インプラントのメンテナンスにかかる費用は、クリニックでメンテナンスを行う場合と自宅でメンテナンスを行う場合とで差があります。

クリニックで行う場合、1回のメンテナンスにつき3,000円~10,000円くらいが相場です。クリニックによっては「1回のクリーニングに20,000円」「レントゲン代で2,000円」といったように、治療内容によって費用が細かく変動することもあります。決して安くはない金額ですが、しっかりメンテナンスをしておかないとインプラント保証制度といって、インプラントにトラブルがあったときに無償で治療対応をしてくれる制度を受けられなくなってしまいます。

インプラントのメンテナンス費用は、医療費控除の対象になっています。もしもあなたやあなたの家族が合計10万円以上の医療費を支払っていた場合は、最高額200万円の医療費控除を受けることができるのです。医療費控除を受けると、所得税や住民税から支払った医療費に応じて一部の額が戻ってくるのです。インプラントのメンテナンスを受けたら、しっかり領収書を保管しておきましょう。

自宅でメンテナンスを行う際の費用ですが、歯磨き粉や歯ブラシ、うがい薬などの選び方によって異なります。小まめに歯ブラシを交換したり、電動歯ブラシを使ったりなどすれば費用も高まるでしょう。歯ブラシは毛が硬すぎず軟すぎないふつうのものを選んでください。特に高価なものを選ぶ必要はありませんが、1か月に1回は替えるのが理想です。歯磨き粉は粒の細かい研磨剤の入ったものを使うようにしてください。研磨剤の粒が粗いと、歯磨き粉がインプラントと歯茎の間に入り込んでインプラント周囲炎を招くおそれがあります。スクラブの細かい上質な歯磨き粉となると、500円~1,000円ほどが相場ですね。