インプラントの寿命は?長持ちさせる方法を紹介

インプラントに寿命があるのは、インプラント治療後に発症するインプラント周囲炎が理由です。インプラントを長持ちさせるにはメンテナンスが必要です。

インプラントの寿命はあるの?

「第二の永久歯」とも呼ばれるインプラントは、耐久性が優れていることから長い付き合いになると思われがちです。確かに人工歯の素材やメーカーにこだわればインプラントは長く持ちますが、それでも寿命はあります。

インプラントは治療して終わりではなくて、治療後にしっかりメンテナンスをしていく必要があります。メンテナンスとは、インプラントの噛みあわせを見たり、歯磨きでは取れない汚れを除去したりすることです。また、治療後の歯磨きも重要なメンテナンスの一つです。これを怠ると「インプラント周囲炎」といって、インプラントの周囲に炎症が起きてインプラントの具合が悪くなってしまうのです。噛みあわせが悪くなったり、インプラント自体が弱って破損してしまったり…というものが、インプラント周囲炎の症状ですね。

インプラントに寿命があるとされているのは、このインプラント周囲炎が理由です。毎日口内を清潔に保ってインプラント周囲炎を防いでいけば、インプラントは10年以上も使い続けられます。インプラントの寿命の長さは、治療をしたクリニックの治療後のメンテナンスやトラブル対応にもかかっていますね。また、治療が患者の体質や歯の形に合ったものでない場合も、インプラントの寿命は早く来てしまいます。

インプラントの寿命はインプラント治療を行うクリニック選びと、その後のメンテナンスに大きく関わっているのです。患者の口にぴったりのインプラントを施してもらえば、その分寿命も延びて長く使い続けられますよ。

インプラントの寿命を奪う原因は

インプラントの寿命は、治療後にもしっかりインプラントのメンテナンスを行えるかどうかにかかっています。例えば治療後の歯磨きがおろそかになってしまうと、インプラントに歯垢(プラーク)が溜まってしまいます。そこからばい菌が繁殖すると歯周病が起きて歯茎が腫れたり、インプラントを埋め込んでいるあごの骨が溶けだしたりしてしまうのです。これを「インプラント周囲炎」といいます。

インプラント周囲炎になると埋め込まれたインプラントを一度取り除かなくてはいけなくなり、結果としてインプラントの寿命が来てしまうのです。取り除くまでには至らなくても、インプラントがぐらぐらしたり噛み合わせが悪いせいで人工歯の噛み合わせが悪くなったりしてしまい、結果としてインプラントの寿命を早めることになります。これを防ぐためには、インプラントの周囲に溜まっている歯石を取り除くなど、治療後のメンテナンスがとても大切になりますね。

もちろん毎日の丁ねいな歯磨きも欠かせないメンテナンスです。インプラント治療にかかわった医師などから歯磨きに関するアドバイスなどをもらったときは、しっかりアドバイスに従うことも大切です。いい加減な歯磨きをしていると歯周病になりやすくなり、インプラントの寿命を早めます。

また、インプラントの寿命は治療方法にもかかわっています。例えばインプラントのメーカーや素材選びですね。インプラントやインプラントに使う人工歯は、多くのメーカーから様々な素材によって作られています。もしも安さを重視して耐久性の低くマイナーなメーカーのインプラントを選んでしまうと、当然ですがすぐにインプラントの人工歯が欠けたり破損したりしてしまいます。

また、人工歯が擦り減ることで噛みあわせも悪くなると、インプラント自体が劣化して寿命が早まってしまうのです。せっかくインプラント治療をしても、インプラント体があごの骨と上手く馴染めずに結局インプラントを取り除く…という自体も考えられます。

他にも、治療をする医師の腕もインプラントの寿命にかかわっていますね。インプラント治療は、患者本人のあごの形や口の中など…様々な情報を整理しながら、患者本人に一番適した治療を施さなくてはなりません。これが上手くいかない治療だと、埋め込んだインプラントもすぐに噛み合わせが悪くなったりグラついたりしてすぐに寿命がきてしまいます。

インプラントと半永久的な付き合いを続けていくなら、治療前の綿密な検査が欠かせないのです。レントゲンや血圧検査、CTスキャンなど…様々な角度から、あなたのあごの骨にどうやってインプラントを埋め込むかを考えてくれる医師が理想的ですね。

インプラントを長持ちさせるための秘訣

インプラントを長持ちさせる秘訣は、インプラント治療の相談に向かったときからすでに潜んでいます

まずはインプラント治療をするにあたって、医師からカウンセリングを受けますよね。このときにあごの形や歯並び、虫歯の有無などについてくわしく診て貰えるとよりインプラントの寿命は長持ちします。カウンセリング後の精密検査も同様に、しっかりレントゲンやCTスキャン、血圧検査をしてもらえるか、アレルギーや持病といった体質に関する診断がしっかりしてもらえるほどインプラントの寿命は長持ちします。インプラントはあごの骨に穴をあけて埋め込まれます。事前の検査やカウンセリングがしっかりしていると、治療も本人に合った的確なものになるのです。

もし本人の身体に合わないインプラント治療を施されてしまうと、どうしても噛みあわせや歯の高さが合わず、すぐにインプラントが劣化して寿命がきてしまいます。ただ精密な検査をするだけではなく、医師が患者と一緒に患者のあごの骨やインプラント治療の方針について相談してくれるところが望ましいですね

インプラント治療にあたって、インプラント体や人工歯の素材選びも重要になります。最も耐久性が高いとされている人工歯は「ジルコニア」と呼ばれる素材です。耐久性が高いだけでなく見た目も綺麗なことから、ジルコニア製のインプラントは長い付き合いができると評判です。

インプラント体には、インプラント体と人工歯が一体になったものと付け替えが可能になったものの2つがあります。できれば後者の付け替え可能タイプの方がおすすめですね。人工歯の寿命が来たとしても、埋めたインプラント体に構わずに上の人工歯だけを付け替えることができます。そのためインプラントとしての寿命が長くなるのです。

インプラント治療後のメンテナンスは、細かに行った方がインプラントの寿命がはるかに延びます。クリニックで歯石を取り除いたり歯の噛みあわせをチェックしたりして微調整をしていけば、歯周病を防ぐことができます。インプラント周囲炎のようにあごの骨が溶けてインプラントがぐらつく心配もありませんから、長期間インプラントとの付き合いができるのです。

また、医師からアドバイスを貰って歯磨きをすることで、インプラント周囲炎を防ぐことができます。インプラントを長持ちさせるには、治療前も治療後も医師の技量が深くかかわっているのです