HOME » インプラントとは?~基礎知識~  » インプラント治療の流れと期間

インプラント治療の流れと期間

インプラント治療は、治療の流れや期間、そしてメンテナンスや保証体制などを把握しておくことで、その後のリスクを大幅に回避することができます。

一般的なインプラント治療の流れと期間そしてメンテナンスの重要性

インプラント治療の流れをしっかりと把握しておくことで、その後の手術に対する心がまえができるようになります。

1.診断や治療計画を立てる
まずはじめに、担当する歯科医師による問診を受けて、レントゲン撮影や口腔内の写真撮影を行います。そして、口の中を立体的に観察するために口腔内模型の作成をします。このときに、治療全体にかかる費用のおよその金額が提示されます。

2.精密検査
手術に備えて、体全体の精密検査を実施します。場合によってはCTスキャンが行われる場合もあるようです。

3.手術前の準備
手術に入るための準備を行います。手術日の予約、注意事項や細かい指示などをよく聞いてから手術にのぞむようにしましょう。このとき、口の中の余計な雑菌や細菌を取り除くために歯石や歯垢の除去を行います。

4.手術(第1回目)
よく口を消毒してから麻酔を注入して、あごの骨に穴をあけてインプラントを埋め込みます。手術にかかる時間は1時間ほど。術後は入れ歯を使用することができるので、食事や会話などは支障なく行うことができます。1週間〜10日後に抜糸。手術でついた傷を治療するために3〜6か月ほどの間隔をあけます。

※一回法の場合には、この後に歯の型取りをはじめます。

5.手術(第2回目)
1回目の手術に取りつけたインプラントにアッバトメントとよばれる接続器具を設置。メスで歯肉を少しだけ開いてから土台を取りつけていきます。この後、歯肉をきれいに整えていきます。

6.人工歯を作成して装着
2回にわたる手術の後、歯肉の回復状況を観察しながら義歯の型取りを行います。その際には、一旦仮歯を装着してかみ合わせや感触、メンテナンス性などを確認。最終的な調整を経て、問題がなければ義歯を装着します。

7.メンテナンス
手術の後は、定期的に口の中の状態を確認する入念なチェックを行います。実はメンテナンスは非常に大切です。治療後にそのまま放置するとインプラント自体に過負荷が生じてしまい、強度が弱まってしまったり、歯周病が進んでしまうことも十分に考えられます。そこで、定期的にクリニックなどでかみ合わせのチェックやレントゲン撮影による入念な検査を受けることを忘れず行っておきましょう。

日常生活においては、基本的に通常の歯と同じように歯みがきをするだけで大丈夫ですが、インプラントを入れると接合部などに汚れがたまりやすくなってしまいます。通常の歯ブラシで落とすことができればいいのですが、見逃してしまうと、そこから雑菌などが発生してしまい、周囲の健全な歯の健康を脅かしてしまうことにも繋がってしまうのです。

以上が一般的なインプラント治療の流れです。平均で約3か月~1年ほどの期間がかかると言われており、その間の通院も6回ほどだと言われています。

トラブルと保証体制

インプラントを快適に活用していくには、メンテナンスも入念に行わなければなりませんが、保証体制もしっかりと考えておく必要があります。近年では、クリニックの方でも安心してインプラント治療を行えるように、保証内容や期間を明示した証明書を発行するところが増えてきました。主に「欠損」「割れ」「抜ける」といった不意なトラブルの時の損失をクリニックと提携している保証会社が費用を負担するといったものです。

保証会社によって違いはありますが、代表的な保証内容は以下の通り。

  • インプラント本体
  • アバットメント
  • 仮歯
  • 人工歯
  • 接続のためにかかる部品代や接着剤の費用
  • 手術費用
  • 鎮静麻酔の費用 etc

このように保証内容をしっかりとよく確認しておき、そのほかにも「加入金額」「保証年数」「対応回数」「免責金額」などの項目もしっかりとチェックしておくことで、些細なリスクを回避することができます。