東京で人気のインプラント名医の口コミ評判を徹底調査! » インプラントの相場、医療費などの費用情報まとめ

インプラントの相場、医療費などの費用情報まとめ

虫歯や歯周病、不慮の事故などで失ってしまった歯を取り戻すことができる画期的な方法がインプラントです。インプラント手術の費用相場や保険適用が可能か?さらには医療費控除などはあるのかについて紹介していきましょう。

インプラントの費用相場は?保険適用?医療費控除は可能?

こちらのページでは、皆さんが最も気になるインプラントの費用についての情報を詳しく解説していきましょう。

費用相場ってどれくらい?

インプラント治療は値段が高いわりに保険が適用されない自由診療のため、費用が気になるところですよね。インプラント治療にかかる費用の相場ですが、1本の治療につき30万円~50万円くらいとされています。もちろんこれはあくまでも目安の金額で、クリニックや医師、治療の方法や患者の具合によって価格は細かく変動します。

治療をするインプラントにも様々な種類やメーカーがあります。インプラントのメーカーが安価で安全性に乏しいものである場合には、インプラントの治療にかかる費用も安くなりがちです。また、インプラント治療には、治療後に起きる様々なトラブルに対処するための保証もあります。この保証がつかない治療も価格が安く抑えられていますね。逆にインプラントのメーカーが一流のものだったり、安全性が高く治療後の保証もされていたりという場合は、治療にかかる価格が高くなります。治療の費用と治療にかかわる安全性は、費用と連動しているといっても良いでしょう。

また、インプラント治療の価格は本人の体質や症例によっても異なります。例えば本人が何か病気を持っている場合や、あごの骨に異常が見られる場合など…インプラント手術のできる状態であるかどうかを判断するのに時間がかかる場合は、検査によって費用が高くなることもあります。神経の場所を確認したり、血圧測定をしたりなどの検査が例ですね。また、体質によってはインプラントの素材にも気を使うことになります。アレルギーの有無でセラミック製のインプラントを使うのか、それともジルコニアを使うのかを考えるのです。

多くの場合、クリニックを訪れたときに行われるカウンセリングで大まかな費用を計算してくれます。自分の体質や歯の状態についてしっかり話し合いながら、自分に合った費用を算出してもらうのが一番ですね。

保険の適用はできる?

結論から言うと、インプラント治療では健康保険を使用することはできません。平成24年の4月より、事故などによってあごの骨を広範囲にわたって失ってしまった場合には保険が適用されます。しかし、非常に厳しい条件があり、一般的には保険適用外と考えておいたほうがいいでしょう。

そのため治療にかかる費用は、いくら高くなっていても自分で払う必要があるのです。ですが単に「インプラント治療」と言っても、患者の体質や境遇、それから治療を行う環境次第では保険が適用されるケースがいくつかあります。

インプラントの治療をするにしても、まずは歯科クリニックを受診して精密検査を行いますよね?インプラントをどのように治療していく必要があるのか、インプラント治療の際に何か気をつけるべき点があるのかなどを検査するのです。この精密検査のとき、あごの骨を失くしているなどの特別な症例が見られれば、インプラント治療は保険の適用内となる場合があります。確かにあごの骨がないとなれば、さすがにインプラント治療を余儀なくされているのがわかりますよね。

具体的には、次の条件が保険の適用内となる症例です。

  • 病気や事故による外傷などのせいで、あごの骨を失ってしまった場合
    (上顎なら1/3以上が連続して欠損しているor上顎洞、または鼻腔へとつながっていると診断されている場合)
  • 骨移植によってあごの骨が再建されている場合
  • 保険医療機関の医師によって、先天性(生まれつき)の病気であごの骨が1/3以上連続して欠損している場合
  • あごの骨が形成不全である場合

この条件を満たす場合は、特別にインプラント治療でも保険適用されます。「歯を綺麗にしたい」などといった審美目的や希望の話ではありませんから、インプラント治療が必要な場合には保険適用となるケースがあるのですね。ただし老化や虫歯などによってあごの骨が弱ったりやせ細ったりしている場合は、保険の適用内にはなりません。

また、インプラントの治療やカウンセリングを受ける施設によっても、治療費用が保険適用内とされるケースがあります。それは、次の条件を全て満たす病院で治療を受ける場合です。

  • 入院用ベッドが20床以上ある病院の歯科や歯科口腔外科
  • 当直体制が完備されている病院
  • 国が定めている医療機器や医薬品を安全管理できる体制が整っている病院
  • その病院で5年以上、口腔外科での治療経験を持つ者orインプラントの治療経験が3年以上ある者…のどちらかが常勤で2名以上配置されている

もちろん一般の歯科クリニックではこの条件が満たせないため、インプラント治療は自由診療の保険適用外とされてしまいます。ですがこの条件を満たした病院でインプラント治療を受ける場合であれば、保険が適用内となり治療費用をいくらか負担してもらえるのです。条件を満たす病院を探すのはなかなかに骨が折れますが、インプラント治療の費用は決して安くはありません。

病院探しに力を入れれば、その分お得にインプラントの治療ができますよ。また、条件を確認してから病院にかかる場合は、しっかりカウンセリングのときに「治療費用は保険適用になるのか?」というポイントを相談しておきましょう。確認をせずに治療に入ると、病院が知らない間に条件から外れてしまっていた場合に自由診療になってしまう可能性があります。

また、インプラント治療の費用を負担してもらえるケースはもう一つあります。それは、個人で加入している保険によるもの。健康保険では治療費用を負担してもらえなくても、自主的に加入している生命保険などによってはインプラントにかかる治療費用を負担してくれることもあります。インプラント治療の需要が高まっている近年では、インプラントの治療費用にも対応した生命保険も増えてきつつあります。生命保険などに加入する場合は、インプラント治療についての対応について保険会社としっかり相談しておくのがおすすめですね。

医療費控除は使える?

健康保険が使えないインプラントを少しでも安く受けることはできないのでしょうか?考えられる手段としては、医療費控除を受けることです。ただし、これは医療費そのものを安くするのではなく、確定申告の時にインプラント治療にかかった費用の領収書を提出することで、総額で最高200万円までの医療費控除ができるというものです。

この医療費控除を受けるためには、医療費を支払った時期、目的などのさまざまな要件をクリアする必要があります。また、控除を受けるための手続きなどもあるので、事前に医師や専門家などにしっかりとアドバイスを受けるようにしましょう。

「医療費控除」とは、1年間に10万円以上の医療費を支払った家庭が、納税した金額の一部を還付してもらえる制度のことです。1年の期間は1月1日~12月31日まで、申告のし忘れがあったとしても過去5年前まではさかのぼって医療費控除を受けることができます。「1年間に10万円」という条件ではありますが、年間の所得額が200万円以下である場合は総所得額の5%を超えていれば控除対象です。

自由診療で保険の対象外であるインプラントの治療費用ですが、医療費控除の対象にはなっています。確実に10万円を超えるインプラントの治療費用は、ぜひ領収書を取っておいて医療費控除を申請しましょう。

インプラントに関係する費用で医療費控除の対象に含まれるのは、インプラントの治療にかかった検査・診断・被せ物やインプラント体・手術の費用です。また、治療を終えたインプラントのメンテナンス料も医療費控除の対象になっています。他にも、通院のためにかかったバス・電車といった公共交通機関の費用も対象内に含まれていることを覚えておきましょう。

ただし気をつけたいのが、マイカーでの通院による駐車代金やガソリン代は控除対象にはならないということ。ローンによる立て替え払いも医療費控除の対象にはなりますが、金利や手数料にあたる金額は医療費控除の対象外になることも覚えておきましょう。

医療費控除の申告をする場合は、

  • 控除をしたい年の総所得額を示す源泉徴収票や支払調書など
  • その年に支払った医療費の領収書やレシート
  • 還付金を振り込むための申告者の口座番号
  • 印鑑

を用意しましょう。保険金でまかなわれた金額がある場合は、その金額がわかる証明も用意してくださいね。医療費控除は確定申告の行われる2月16日~3月15日の1か月間に、ホームページの納税システムや郵送などでおこなってくださいね。

実際の症例と費用について

インプラントの治療内容は、患者本人の体質や症例によって細かく変わります。つまり、人によっては治療にかかる費用も変動するということ。症例によっては以下のように費用が異なるのです。

例えば多くの歯を失っている場合のインプラント治療。インプラントの治療費用は、治療をする歯の本数によって高くなります。インプラントは1本につき30万円~50万円が相場とされています。もし2本のインプラント治療をすることになれば、単純に考えてその倍の60万~100万円となりますね。

ですが、連続した3本以上のインプラントを埋める場合は異なります。この場合は連続して失われている歯の両端に1本ずつのインプラントを埋め込み、ブリッジを支えます。つまりブリッジで3本の人工歯を装着しますが、実質的に埋め込むインプラントの本数は2本で抑えることができるのです。上下全ての歯を全てインプラントにする場合、これを利用した治療である「All-on-4(オールオンフォー)」と呼ばれる方法で治療を行うこともあります。

All-on-4の場合は、歯が全て失われているあごに計4本のインプラントを埋め込み、そこに10~12本のブリッジで人工歯を支えます。この場合はインプラント手術による身体的な負担だけではなく、手術にかかる費用をも抑えることが可能です。All-on-4による手術では、片あごの手術で200万円~400万円、両あごで400万円~600万円ほどかかるとされています。ちなみに全ての歯をAll-on-4ではなくて1本1本インプラントを埋め込むとなると、片あごだけでも400万円~600万円ほどかかります。

また、インプラントの治療費用は他のポイントによっても変動します。例えば手術設備です。完ぺきな殺菌が施されたクリーンな手術室が用意されている場合は、汗腺などが防止されて安全性が高まるため費用も高くなります。インプラント治療を手術室で行うか、それとも設備なしで歯医者の施術イスのような場所で行うか…手術環境の条件によっては、同じ手術でも提示される費用価格が10万円ほども差が開く可能性だってあるのです。

実際にインプラント治療に使われるインプラントの種類やメーカーによっても価格は変動します。例えば国内で使われている国産のメーカーによるインプラントであれば、価格は1本につき10~30万円ほどです。メーカーがマイナーだったり安全性に乏しかったりすれば、10万円を切るものもあるほど。これに対して、全国規模で多く使われているアメリカ産のインプラントであれば、価格は1本につき30~50万円ほどします。全国で使っている人が多いということは安全性も高いわけですから、価格も高くなるというわけですね。

また、インプラントの上部に装着する人工歯にも価格の違いはあります。例えば「ジルコニア」とよばれている人工歯であれば、変色もなく見た目も美しくいことから1本9~20万円ほどと費用も割高です。治療費は高いですが割れる可能性も低いですし、金属アレルギーを持っていても安心して使えますね。これに対して「セラミック」と呼ばれるタイプのインプラントは、割れる可能性があるため費用は4~17万円ほどです。全てセラミックで作られたものか、それとも全てセラミックでつくられたものなのかによってもまた価格は変動します。

特に安価とされているのが、「メタルボンド」や「ゴールドクラウン」と呼ばれる金属で作られた被せ物です。費用は4~15万円ほど。これらは金属アレルギーの人が使えませんし、使ううちに歯茎に変色が見られることもあるため見た目が目立ってしまいます。インプラント歯は長く付き合っていく存在ですから、価格の安さよりも安全性の高さを優先させましょう。